« 第5課 こんにちは | トップページ | 韓国映画「ミラクル・サッカー」 »

2005年5月 4日 (水曜日)

所有格助詞と月日の言い方

今日のNHKラジオ ハングル講座

サイシオッ사이시옷が出てきました。いまいち理解できてないです。韓国語ジャーナル第4号に詳しく載っています。まとめたものをこちらにも載せます。

ポイント① ~의(~の)

日本語の「~の」に当たる所有格助詞は‘~의’です。所有格助詞として使われる際の‘~의’は[에]と発音します。こちらを参照


「의」は、次のような場合に省略されます。

  1. 分離できない全体、部分の構成の場合
    책상 서랍에 넣었어요. 机の引き出しに入れました。
     
  2. 位置名詞に用いられる場合
    짐은 책상 위에 놓으세요. 荷物は机の上に置いてください。
     
  3. 目的語の性格で用いられる場合
    경제 발전을 통해서 経済の発展を通じて
     
  4. 親族関係や人間関係の場合
    우리 동생 친구입니다. うちの弟[妹]の友達です。
     
  5. 産地などを表す場合など
    중국 산품 中国の商品

韓国語ジャーナル第4号から


ポイント② 사이시옷

所有格助詞의と同じ機能をする「사이시옷」というのがあります。「사이」は‘間’を意味する単語で、「시옷」はハングルの第7番目の基本子音字(‘ㅅ’)の名称。母音で終わる名詞の後に他の名詞が付いて合成語(複合名詞)に変わる際、名詞と名詞の間に入り所有格助詞としての役割を果たします。

해(日)+빛(光)→햇빛[핻삗](日の光)
비(雨)+물(水)→빗물[빈물](雨水)
바다(海)+가(辺)→바닷가[바닫까](海辺)


  1. 固有語+固有語で、前の単語にパッチムがない場合に付きます。
    나무(木)+가지(枝)→나뭇가지[나무까지]
     
  2. 漢字語+固有語の間に付きます。
    치(歯)+솔(ブラシ)→칫솔[시쏠]
    차(お茶)+집(家)→찻집[차찝]
     
  3. 漢字語+漢字語の間にはつきません
    해(海)+변(辺)→해변
    내(内)+과(科)→내과[내꽈]
    ただし、횟수(回数)、숫자(数字)などの例外があります。

要するに、後ろの単語の語頭の平音(ㄱㄷㅄㅈ)が濃音として発音されるため、サイシオッが必要となる。従って、後ろの単語が濃音や激音で始まるときには、サイシオッを付ける必要がありません。
갈비뼈(あばら骨) ×갈빗뼈
뒤편(後ろ側) ×뒷편
歯(이)+ぐき(몸)の場合、「이몸」と書いて[인몸]と鼻音化して発音されるため、「이」と「몸」の間にサイシオッが必要となって「잇몸」と表記するのです。ごま(깨)+葉(잎)を「깻잎」と書くのも、発音が[깬닙]だからです。

韓国語ジャーナル第4号から

わかりましたでしょうか・・・?


ポイント③ 月日の言い方

6月及び10月は、それぞれ유월と시월のように、本来の漢数詞(6:육/10:십)からパッチムが脱落するので注意しましょう。

1月:일월[이뤌] 2月:이월 3月:암월[사뭘] 4月:사월 5月:오월 6月:유월 7月:칠월[치뤌] 8月:팔월[파뤌] 9月:구월 10月:시월 11月:십일월[시비뤌] 12月:십이월[시비월]

6日:육일[유길] 10日:십일[시빌] 11日:십일일[시비릴] 12日:십이일[시비일] 16日:십육일[심뉴길] 20日:이십일[이시빌] 21日:이십일일[이시비릴] 22日:이십이일[이시비일] 31日:삼십일일[삼시비릴]
 

本日の勉強時間[4.0]時間 (Total:260.5時間)

|

« 第5課 こんにちは | トップページ | 韓国映画「ミラクル・サッカー」 »

ラジオ(入門編)2005年前期」カテゴリの記事

コメント

ばっきーさん、こんばんは。
사이시옷の使い方、初めて知りました。
詳しい解説をありがとうございます。
リンクさせていただきました。

投稿: シフォン | 2005年5月 4日 (水曜日) 午後 06時11分

シフォンさん、こんにちは。
사이시옷はなかなか厄介です。細かく考えずに、そのまま一つの単語として覚える方がいいのかもしれません。
リンクありがとうございました。

投稿: ぱっきー | 2005年5月 4日 (水曜日) 午後 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/3977097

この記事へのトラックバック一覧です: 所有格助詞と月日の言い方:

« 第5課 こんにちは | トップページ | 韓国映画「ミラクル・サッカー」 »