« 第6課 服部マキです。 | トップページ | 混乱する単語 »

2005年5月12日 (木曜日)

今週の復習

今日のNHKラジオ ハングル講座

木曜日は復習です。

ポイント① 

이~ この~ 그~ その~ 저~ あの~ 어느~ どの~ 

ポイント②

여기:ここ 거기:そこ 저기:あそこ 어디:どこ

ポイント③ 縮約形

縮約形のある場合、会話の中では殆どその縮約形を使う。

ポイント④

用言と体言
用言:動詞、形容詞、存在詞、指定詞の4つの品詞を用言といいます。用言は活用します。体言:名詞、代名詞、数詞の体言は活用しません。

語幹:用言の原形は全て~다で終わり、原形から다を除いた部分を語幹と言います。

  1. 母音語幹:하다(する)、가다(行く)、크다(大きい)など
  2. 子音語幹:먹다(食べる)、걷다(歩く)、작다(小さい)など
  3. ㄹ語幹:걸다(掛ける)、놀다(遊ぶ)、길다(長い)など

ポイント⑤

~에(~に):①進行方向を表す日本語の助詞「~に、~へ」に当たる助詞です。②時・期間、③場所・位置などを示す機能も持っています。

~를/~을(~を):日本語の「~を」に当たる目的格助詞です。

  1. 母音+를
  2. 子音+을

①~와/과 ②~랑/~이랑 ③~하고(~と)

ポイント⑥

丁寧な叙述形語尾の「~ㅂ니다. ~습니다.」:~です。~ます。
丁寧な疑問形語尾の「~ㅂ니까? ~습니까?」:~ですか。~ますか。

  1. 母音語幹+ㅂ니다./ㅂ니까?
  2. 子音語幹+습니다./습니까?
  3. ㄹ語幹(ㄹ脱落)+ㅂ니다./ㅂ니까?
    알다(わかる)→압니다./까?(わかります。/か?)

~아요/~어요、~예요/~이에요は親しみを感じさせる打ち解けた表現の丁寧な文末語尾で、特に会話の中でよく用いられる。

本日の勉強時間[1.0]時間 (Total:271.0時間)

|

« 第6課 服部マキです。 | トップページ | 混乱する単語 »

ラジオ(入門編)2005年前期」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/4093484

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の復習:

« 第6課 服部マキです。 | トップページ | 混乱する単語 »