« 若手の会社員「外国語の資格」に意欲(2) | トップページ | カルピスウォーター »

2005年6月11日 (土曜日)

囲碁用語

『ハングル囲碁用語講座』というのを見つけました。→こちら

囲碁は全く知りませんが、見ていて非常に面白かったです。韓国語の勉強にもなります。これを機会に囲碁のやり方だけでも覚えようかな。(・_・;)

|

« 若手の会社員「外国語の資格」に意欲(2) | トップページ | カルピスウォーター »

韓国語の学習」カテゴリの記事

コメント

ぱっきーさん、こんにちは。
じつは私、囲碁をちょっとかじったことがあります。(いや、少年ジャンプに連載されていた某マンガに触発されて始めたんですけどね。(^^;)アタリやシチョウなどの言葉を見て「へー、こういうんだ」とひとりでうなずいていました。なんだか嬉しかったです。
マンガで知ったのですが、囲碁は、別名「手談」とも言われているそうです。碁石を介して相手とお話しているんですよね。相手の国の言葉がわからなくても、上手な人なら対局すれば打ち方で相手の考えや性格までわかるんですって。
最近はネット上でルール解説のサイトも数多くありますし、対局もできるので、(ネットの対局だと、チャットも出来るみたいです)たまには気分を変えて遊んでみるのもいいと思いますよ。

投稿: ちびな | 2005年6月12日 (日曜日) 午後 08時28分

ちびなさん、こんばんは。
囲碁ができるとはすごいです。「ヒカルの碁」を読んだことありますが、なかなかやるまではいかなかったです。
囲碁をやることで相手のことがいろいろ分かるんですね。韓国は囲碁が強いみたいです。やる人も多そうだからやってみようかなぁ。ネットで少しずつ覚えればいいわけですし。

投稿: ぱっきー | 2005年6月12日 (日曜日) 午後 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/4508685

この記事へのトラックバック一覧です: 囲碁用語:

« 若手の会社員「外国語の資格」に意欲(2) | トップページ | カルピスウォーター »