« 第10課 続・まず自己紹介から なぜことばの勉強を? | トップページ | 韓国映画『緑の椅子』 »

2005年8月 6日 (土曜日)

輪廻 リ・インカーネーション

B0007WZUZQ

輪廻 リ・インカーネーション

監督: パク・スンベ
出演: カン・スヨン、チョン・ウンイン、チェ・ジョンユン ユ・ジュンサン
ビデオメーカー 2005-05-06

韓国映画『輪廻 リ・インカーネーション (原題:써클サークル)』を見ました。

なんともコメントし難い映画です。映画のストーリーはまぁこんなもんでしょうね。過去と現在をうまく絡めて、なぜ犯罪が起こったかという展開も分かりやすかったし、最後には「あーなるほどね」と思わせる終わり方でした。驚きはなかったです。

ただ、アレの標本がやたらリアルに数回出てきます。見てると、ちょっと気分悪くなります。モザイクかけるとか、もっと他のことで代用できなかったのだろうか。まだ映画を見てない人は気をつけてください。

今回注目してたのが、主演のカン・スヨンさんです。彼女の出演映画はいろいろと見ました。どの作品も衝撃的です。昔の映画と比べると全然雰囲気が違います。こんなんだったけ?と疑う程です。垢抜けましたね。
しかし、なぜこの映画の出演を決めたのかは疑問です。他にもいい作品があっただろうに。今度は国際映画祭に出品されるような映画に出てほしいですね。

|

« 第10課 続・まず自己紹介から なぜことばの勉強を? | トップページ | 韓国映画『緑の椅子』 »

韓国映画」カテゴリの記事

コメント

ぱっきーさんは、相変わらず骨太(?)の作品をご覧になっているのですねぇ。
かるーい作品が好きな私はパスです(笑)。でも韓流スターが出ていないこの作品を日本語字幕で観られるようになるなんて、すごいですよね、最近。

投稿: なあご | 2005年8月 6日 (土曜日) 午前 10時27分

なあごさん、こんにちは。

映画のジャンルから言えば、サスペンス系とかホラー系が好きです。さらに不思議な映画とか難解な映画ならなおgoodです。

最近、日本語字幕のDVDが発売されるので本当にうれしいです。だけど、韓国版DVDを買うときに、日本でも発売されるんじゃないかと躊躇してしまうんですよね。DVDが日本でも発売されるかどうかの判断って難しくないですか?

投稿: ぱっきー | 2005年8月 6日 (土曜日) 午後 04時37分

ぱっきーさん、
DVD購入の選択はかなり難しいですよね。ヒット作はもちろん、最近はかなりマイナーな作品まで日本版DVDが発売されているし。その傾向が把握できません。だから最近はちょっと古めの作品を購入しています。最近だと「ツーコップス」「江原道の力」「ベサメムーチョ」「オースジョン」といったところを購入しました。「オースジョン」はホンサンスだしイウンジュが出てるからDVD出るかな?

投稿: なあご | 2005年8月10日 (水曜日) 午前 11時34分

なあごさん、こんばんは。

やはりそうですよね。日本版DVDが出るなら、日本語字幕で見たいですし。韓国版DVDには特典映像とかプラスもあるんですが・・・。
同じく古めでマイナーな映画、出演者も日本で知られてない映画を見ていこうかなぁと思います。

「江原道の力」は3年前に読売テレビで放送がありました。DVD化はないかなぁ?ホンサンス監督の映画はDVD化されるか微妙ですね。『気まぐれな唇』は出てるので、もしかしたらあるかもしれないです。

投稿: ぱっきー | 2005年8月10日 (水曜日) 午後 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/5307744

この記事へのトラックバック一覧です: 輪廻 リ・インカーネーション:

« 第10課 続・まず自己紹介から なぜことばの勉強を? | トップページ | 韓国映画『緑の椅子』 »