« たけしの誰でもピカソ | トップページ | 輪廻 リ・インカーネーション »

2005年8月 6日 (土曜日)

第10課 続・まず自己紹介から なぜことばの勉強を?

セミがうるさいので、ラジオを聞くときは窓を閉め切ってます。

今日のNHKラジオ ハングル講座

‘겨을 연가’를 보고 한국어 공부를 시작하게 되었습니다.
「冬ソナ」を見てことばの勉強を始めるようになりました。

【単語】
자막【字幕】 퍼센트:パーセント 알아듣다:聞き取る 목표【目標】 주인공【主人公】 팬레터:ファンレター Ⅰ-도록:・・・するように 성함【姓銜】:お名前

시험【試験】 막내:末っ子 대단하다:大変なものだ、すごい 결과【結果】

【文法と表現】
■形容詞の第Ⅲ語基+하다=・・・해하다 (Ⅲ하다)
 ・・・がる、・・・だと思う [精神動詞]

形容詞から動詞が作れます。

좋다(良い) → 좋아하다(好む)
싫다(嫌だ) → 싫어하다(嫌う)
귀엽다(かわいい) → 귀여워하다(かわいがる)
예쁘다(かわいい) → 예뻐하다(かわいがる)
밉다(憎たらしい) → 미워하다(憎む)
아프다(痛む) → 아파하다(痛がる)
괴롭다(苦しい) → 괴로워하다(苦しむ)
슬프다(悲しい) → 슬퍼하다(悲しむ)
쑥스럽다(照れくさい) → 쑥스러워하다(照れる)
부끄럽다(恥ずかしい) → 부끄러워하다(恥ずかしがる)
창피하다(恥ずかしい) → 창피해하다(恥ずかしがる)

너무 슬퍼하지마. 괴로워하지 마. 내가 있잖아.
そんなに悲しむなよ。苦しむなよ。おれがいるじゃないか。

귀여워해 주신 선생님이 돌아가셔서 제자들은 정말 마음 아파했다.
かわいがってくださった先生が亡くなられて、弟子たちはほんとうに心を痛めた。

ポイント 標準語の発音とソウルの発音(서울방언)

  • 長母音(장모음)が短く発音される 
    눈:「雪(母音を長く発音する)」と「目(短く発音する)」の区別がなくなってきている。
  • ㅐとㅔの区別がなくなっている
    네가(お前が)→[니가]、若い層では[너가]という形を一部に用いる人がいる。
  • 語末や語中のㅗがㅜのように発音される
    [저는 고등학생이구요] [-고]が[-구]となる現象は顕著。名詞では起こりにくい。
  • 語末、文末では、ㅛ→ㅕ
    안녕하세요(こんにちは)→[안녕하세여]
    하죠(しますよ)→[하져]
    여보세요(もしもし)→[여부세여]

本日の勉強時間[2.0]時間 (Total:332.5時間) 予定

|

« たけしの誰でもピカソ | トップページ | 輪廻 リ・インカーネーション »

ラジオ(応用編)2005年7~9月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第10課 続・まず自己紹介から なぜことばの勉強を?:

« たけしの誰でもピカソ | トップページ | 輪廻 リ・インカーネーション »