« 第19課 日本のマンガってどう? | トップページ | キム・ヒソン »

2005年9月10日 (土曜日)

第20課 ふるさとは遠きにありて思うもの

いよいよ明日は衆議院選挙です。もちろん選挙に行ってきます。どういう結果になるのでしょうか。

今日のNHKラジオ ハングル講座

고향이 어디세요?
故郷はどちらですか。

【単語】
태어나다:生まれる 하자마자(Ⅰ-자마자):・・・するとすぐ、・・・するやいなや 이사【移徒】:引っ越し 옮기다:移す 냇가:川辺 「-가」は「ふち、へり」の意の接尾辞(바닷가:海辺 창가:窓際) 생생【生生-】하다:生き生きしている 

【文法と表現】
■ 하던 (Ⅰ-던) ・・・していた・・・ [過去体験連体形]

過去の体験を表す連体形。ちょうどテレビハングル講座でありましたね。→こちら

내가 먹던 빵이 어디 갔지? 아까 여기 놔 뒀는데.
ぼくが食べてたパン、どこ行ったのかなぁ。さっきここに置いといたのに。

냇가에서 놀던 기억이 아직도 생생합니다.
小川で遊んで記憶がまだ生き生きと残っています。

제가 살던 고향은 정말 조용하고 아름다운 마을이었어요.
わたしが住んでいるふるさとは、ほんとうに静かで、美しい村でした。

혹시 아까저쪽으로 가던 게 미나였어?
もしかして、さっきあっちに行くところだったのが、美奈だったの?

本日の勉強時間[2.0]時間 (Total:345.5時間) 予定

|

« 第19課 日本のマンガってどう? | トップページ | キム・ヒソン »

ラジオ(応用編)2005年7~9月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第20課 ふるさとは遠きにありて思うもの:

« 第19課 日本のマンガってどう? | トップページ | キム・ヒソン »