« 写真で単語を覚える(30) ミシン | トップページ | 気になる韓国語学習本 »

2005年12月30日 (金曜日)

第25課 걷지도 못하게 만들고

今年最後の「NHKラジオハングル講座」です。ラジオも入門編、応用編共、今年一年すべて聞きました。なかなか毎日聞くのは大変です。大変ですが、生活の一部として「ハングル講座を聞く」が入ってしまいました。歯を磨くのと同じ毎日の習慣ですね。逆にもう止めることは難しいです。

来年も完全制覇めざしてがんばります。ラジオを聞いている人は、お互いがんばりましょうね。
 

今日のNHKラジオ ハングル講座

そして映画で学ぶ応用編は今日で終了です。チャン・ウニョン先生ありがとうございました。なかなかリピートするスピードについていけてませんでしたが、次、再放送を聴くときは言えるようにしておきたいです。

초원이하고 친해지는 게 배 아파요?
チョウォンと仲良くなることに焼きもちですか?

【単語】
출전시키다:出場させる 이르다:早い 맡다:預かる、引き受ける 경마장:競馬場 노래방:カラオケボックス 먹이다:食べさせる、飲ませる 친해지다:親しくなる 배 아프다:しっとする、ねたむ 솔직히:正直に 뺏기다(빼앗기다の縮約形):奪われる 하루종일:一日中 낮잠(을) 자다:昼寝をする 무턱대고:むやみに、無計画に 뺑뺑이 돌리다:ぐるぐる回す 걷다:歩く 꼬치꼬치:根堀り葉堀り 캐묻다:問いただす 자식【子息】:子ども 동정심:同情心 일없다:いらない、大丈夫だ 계좌 번호:口座番号 문자:文字(メッセージ)、携帯メール
 

映画の中の表現

1)안 줘도 돼요 「くれなくてもいいです」

-아/어도 되다:~してもいい

대금로 선불로 안 하셔도 돼요. 후불로 하세요.
代金は前払いにしなくてもいいです。後払いにしてください。

넌 아직 어리니까 그런 건 몰라도 돼.
お前はまだ小さいから、そんなのは分からなくてもいいの。
 

2)걷지도 못하게 만들고 「歩くこともできないようにするし」

-게 만들다:~させる

처음부터 끝까지 눈을 못 떼게 만드는 영화였어요.
はじめから終わりまで、目が離せない映画でした。

꼬박꼬박 말대답을 해서 부모님을 화나게 만들지 마.
いちいち口答えをして、ご両親を怒らせないで。
 

3)무슨 일 있었나 「どんなことがあったのか」

-나:~のか、~かどうか

체중이 얼마나 줄었나 한번 재 볼까?
体重がどのくらい減ったか、一度量ってみようか。

어디서 사고가 났나 전화로 문의해 보세요.
どこで事故があったのか、電話で問い合わせてみてください。

この「マラソン [말아톤]」という映画は話すスピードがゆっくりなので、韓国語の勉強にいい映画だそうです。
 

本日の勉強時間[4.0]時間 (Total:450.0時間) 予定

|

« 写真で単語を覚える(30) ミシン | トップページ | 気になる韓国語学習本 »

ラジオ(応用編)2005年10~12月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/7902450

この記事へのトラックバック一覧です: 第25課 걷지도 못하게 만들고:

« 写真で単語を覚える(30) ミシン | トップページ | 気になる韓国語学習本 »