« 語基 | トップページ | 写真で単語を覚える(50) 洗濯バサミ »

2006年1月20日 (金曜日)

第5課 나는 죽네.

今日のNHKラジオ ハングル講座

아무리 팔을 내어둘러도 자꾸만 물 속으로 들어갔다.
いくら腕をふりませしても、どんどんと水の中に入っていった。

【単語】
곧:すぐ 곁:そば 허겁지겁으로:あわてふためいて 내밀다:押し出す 서슬:いきおい 흘러 내리다:滑り落ちる 자꾸만:しきりに、どんどんと 웅웅웅웅웅 하는 소리:うわーんという音 둥글둥글하다:ぐるぐるする 이상야릇하다:不思議だ、へんてこだ 내두르다:ふりまわす 막히다:つまる 얼마만에:しばらくして(時の長さ+만에:~ぶりに) 발목:足首 분명(히):確かに、間違いなく
 

文法のまとめ

1)-고 싶은 생각이 나다 ~したくなる

나는 무서워서 울고 싶은 생각이 났다.
ぼくは怖くて泣きたくなった。

나중에는 나 혼자 헤엄을 치고 싶은 생각이 났다.
そのうちに1人で泳ぎたくなった。
 

2)-(으)려(고) 하다 ~(し)ようとする

엄마 곁으로 가려고 나는 몸을 앞으로 내밀었다.
母さんのそばに行こうと、ぼくは体を前に押し出した。

헤엄을 치려고 했으나 수영복이 없었다.
泳ごうとしたけれど、水着がなかった。
 

3)아무리 ~ -아/어도 いくら~でも

아무리 불러도 엄마는 대답을 해 주지 않았다.
いくら呼んでも母さんは返事をしてくれなかった。

아무리 사람이 많아도 엄마만한 사람은 없다.
いくら人間が多くても、母さんみたいな人はいない。

本日の勉強時間[1.5]時間 (Total:469.0時間)

|

« 語基 | トップページ | 写真で単語を覚える(50) 洗濯バサミ »

ラジオ(応用編)2006年1~3月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/8249595

この記事へのトラックバック一覧です: 第5課 나는 죽네.:

« 語基 | トップページ | 写真で単語を覚える(50) 洗濯バサミ »