« 写真で単語を覚える(112) 畳 | トップページ | 「文章丸暗期が試験・会話に役立った」TOEIC満点チェ・ジョンヨンさん »

2006年3月22日 (水曜日)

[再]第24課 待っています。

NHKテレビ ハングル講座

とうとうラスト2回になりました。まだまだお別れは先だと思ってたのに、月日が経つのは早いですよね。ジナ先生、Ryuさん、倉本さんが毎週見れなくなるのが寂しいです。・゚・(つД`)・゚・

教えていただいたことに対するお礼と恩返しは、韓国語をしっかり勉強することだと思います。気合を入れて、最後までがんばりましょう!( ̄0 ̄)/

前半は再放送です。過去記事もどうぞ。→こちら
 

■「・・・している」の2つの形
 Ⅰ-고 있다, Ⅲ 있다

「・・・している」は韓国語の場合2つの形で表わします。「食べている」「書いている」という動作の継続進行は「Ⅰ-고 있다」、「座っている」「(物が)入っている」のような動作の結果状態は「Ⅲ 있다」となります。

가고 있다 行きつつある(行く途中)
가 있다   行っている(着いている状態)

日本語で「行っている」という意味は到着している状態を表わします。

「行った」→「行っている」
「座った」→「座っている」

「~た」→「~ている」

と言える動詞の場合(変化動詞[瞬間動詞])は、動作の結果状態「Ⅲ 있다」で表わすことができます。ただし、服やネクタイなどを身に付ける動詞、乗り物に乗る動詞など、その行為が行為者自身に返ってくる動詞(再帰動詞)は動作の結果状態も「Ⅰ-고 있다」となります。

(「着ている」)→「着た」→「着ている」입고 있어요.
「乗った」→「乗っている」타고 있어요.

逆に、

「食べている」→「食べた」
「見ている」→「見た」

「~ている」→「~た」

の関係の場合(動作動詞[継続動詞])は、結果状態「Ⅲ 있다」で表わすことができません。(例外的に쓰다(書く)は「써 있다」(書いてある)という状態の継続を表すことができる)

「(・・・を)開ける」、「(・・・を)食べる」、「(・・・を)見る」のような助詞「・・・を」伴う動詞(他動詞)は、「Ⅲ 있다」という形を一般に用いません。

(すみません。まだまだアスペクトについては勉強中です。)
 

■判断を表す Ⅰ-겠- 「・・・しそうだ」「・・・する」

 

第Ⅰ語基 第Ⅱ語基 第Ⅲ語基
Ⅰ-겠 -겠- -겠으- -겠어-
알다 알겠- 알겠으- 알겠어-
  • 物事や聞き手の様子に関する判断を述べる
    컵이 떨어지겠어요. コップが落ちそうですよ。
     
  • 話し手自身が決定できる行動に関する判断を述べる
    이 일은 제가 하겠습니다. この仕事は私がやります。
     
  • 話し手自身が決定できないようなことに関する判断を述べる
    보고 싶어서 죽겠어요. 会いたくて死にそうです。

テキストのP.58にⅠ-겠-は「推量」なのかということが書かれてあります。

「컵이 떨어지겠어요.」(コップが落ちそうです。)

この場合、話者が目の前でコップが落ちそうなのを見て、落ちると判断し、発言しています。話し手の判断というのが重要なポイントですね。

ただの推量は「Ⅱ-ㄹ 것이다」(・・・するだろう)となります。
 

文末のダイナミズム

初対面の人や目上の人、親しくない人に対して話すとき、

日本語の場合
丁寧体から非丁寧体へ、非丁寧体から丁寧体へと動的に変化します。「丁寧体⇔非丁寧体」

韓国語の場合
丁寧体から非丁寧体への動きが少なく、全体的に丁寧体になっている。「해요体⇔합니다体」

「합니다体」は、何かを強調したり、冗談を言うときなど、言い方に変化を持たせる働きがある。

なるほど!全部해요体だけで話すのではなく、합니다体で変化をつければいいのですね。( ・ω・)∩
 

= 倉本さんギャグ =

「語基ではありませんが、私のダジャレもダ[-다]が取れるようにがんばります。」
 

スペシャルインタビュー

「風のファイター 바람의 파이터」の紹介でした。ずっと前に韓国版DVDを買って見ました。

この映画はヤン・ドングン[양 동근]の演技がすべてです。それと平山あや[히라야마 아야]がかなり熱演しています。この映画で役者としての評価が上がりました。

映画全体としての評価は、うーん・・・いまいちかなぁ。平山あやファンは必見ですけどもw

ちょっと日本人役の日本語が聞き取りにくいのでイライラするかな。
 

エンディング

godの「하늘속으로」♪でした。


ト書きから勉強

석우의 소설이 한국어로 번역되어 한국의 서점에 잔뜩 진열되어 있다.
ソグの本が翻訳されて韓国の書店にずらりと平積みになっている。

잔뜩:いっぱい、たくさん 진열【陳列】

일에 몰두하고 있다. 仕事に打ち込んでいる。

몰두【沒頭】

준호와의 주억이 머릿 속을 어지럽게 교차한다.
チュノとの思い出が頭の中を目まぐるしく駆けめぐる。

어지럽다:1.乱れている、混乱する 2.目まいがする
교차【交叉】:交差

|

« 写真で単語を覚える(112) 畳 | トップページ | 「文章丸暗期が試験・会話に役立った」TOEIC満点チェ・ジョンヨンさん »

テレビハングル講座 2005年」カテゴリの記事

コメント

ぱっきーさん、今日は♪

Ⅰ-고は、並列の意味でしたよね!?
ということは、Ⅰ-고 있다では、「・・・しながら(その場に)いる」ってことで、
それは動作の継続進行を意味する。
なんか分かりやすいですよね!?

ところで、野間先生のホームページの〔NHKテレビ ハングル講座〕。
今日、更新がありました♪ (^O^)
 http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/nomahideki/nhktv.htm

投稿: コン | 2006年3月23日 (木曜日) 午後 12時19分

ぱっきーさん、こんにちは。

-「Ⅰ-겠」について-私にとってやはり
「겠」は英語の「will(意志)」にほぼ該当する接尾辞ではないかと思います。英語の「will(意志)」は「これから~するぞ」「~しなくては」と会話中、話し手が即決で強い意志を相手に示す表現だからです。また「will」には「予測」の意味もありますね。

ちなみに「Ⅲ-야 되다」は
英語の「be going to(意図)」に該当して
「以前から決まっていたこと」「習慣的なこと」に対しての「~しなくてはならない」ではないのかなあ?
※余談になりますが「be going to」には
「(確実に起こり得る)予測→判断」を示すこともできます。

今回の復習で面白いと思ったのは
「Ⅰ-겠」ひとつで「(話し手の)意志・判断」を示すことが出来るからです。さらには「(確実に起こり得る)予測→判断」も示すことができますよね。もちろん話し手が
「聞き手の判断」を訪ねることもできます。


とうとう、今回の放送で今年度の全課程が終了してしまいました。来週は復習です。ジナ先生最後の授業となりますね。(泣)

思えば、小倉先生の頃(2003年9月)からハングルの勉強を初めましたが、当初の頃から比べるとハングル学習に対する姿勢が変化してきました。
小倉先生の頃は純粋にハングルや韓国の文化に親しみながら勉強しておりました。

昨年(2005年)4月、ジナ先生に代わられてからは「楽しいハングル+本格的な文法」そして、ぱっきーさんのブログに寄せていただきながらテレビハングル講座に臨むようになりました。大変情けない話で恐縮ですが、6月に入って初めて「語基活用形」を習い始めた頃は戸惑いましたが、徐々に慣れてきたことも今となっては良い思い出です。ぱっきーさんと一緒にディクテーションにチャレンジしたり、むしろ、ぱっきーさんから教わることの方が多かったです。
ありがとうございます。

後半10月からの放送ではRyuさんの童謡の日は大変至福の夜を過ごさせていただきました。また、倉本さんギャグは1年を通じて楽しませていただきました。
倉本さんギャグで一番気に入っているのは
「ワカメ(若芽)にコンブ(工夫)ハダ」です。この言葉を忘れずこれからも頑張ります。

今年(2006年)に入ってまもなくのこと、
ぱっきーさんのブログに「Ⅲ-야겠다」の私なりの考えを書き込みさせていただきましたが、これに野間先生が目に留めて下さったことが大変嬉しかったです。
まさか先生が、私が書き込みをしたコメントをご覧になられているだなんて思いもしませんでしたから・・・

お忙しい中、先生のホームページを通じて色々教えていただきありがとうございます。
 
~野間先生、キム・ジナ先生
          倉本さん、Ryuさん~
~1年間ありがとうございました
  益々の御活躍をお祈りいたします~


まだまだハングルの基本的なことを勉強しなくてはいけないのに、最近では欲が出てきて「日本語とハングルの違い」に興味を抱き、母国語である日本語も見つめ直すようになりました。これはジナ先生の「会話の究極奥義」の影響でしょうか。ジナ先生は、私達日本人の会話のスタイルを本当に鋭く観察されていらっしゃいます。
私はハングルの知識が乏しいので、ジナ先生のように分析はできません。
でも今回の放送で勉強したように日本語では「動作の継続」「終了した動作の継続」も「~している」と、ひとつで表現できても、
ハングルでは「Ⅰ-고 있다(動作の継続)」「Ⅲ-있다(終了した動作の継続)」と使い分けをしなければならない、これも日本語とハングルの大きな違いだと思います。
些細なことですが、このようなことに気がついてくると益々ハングルの勉強が楽しくなり面白いです。

もっともっとハングルを知りたい!
ぱっきーさん、4月からも、新たな先生の元でのハングル講座で頑張りましょうね!

♪おまけのコーナー♪
2005年度ハングル講座とも、そろそろお別れ・・・今年は変革(変格?)の1年でした。
現在放送中「宮廷女官チャングムの誓い」に当てはめると・・・
 最高サングン→野間先生
 サングン→ジナ先生
 サングン付女官→Ryuさん
 見習い女官→倉本さん
(なお、性別は気にしないっ!です。)

ミジ流ですが
「語基」の英訳が”base””basis”では、かわいそうなので ”Three patterns inflection of Korean for Japanese learners”
(日本人学習者のための韓国語における
3型の活用形)はいかがでしょうか?

投稿: ミジ | 2006年3月23日 (木曜日) 午後 01時14分

単純に考えると
「食べ終わった状態」を表す場合は
「먹었어요.」と表現するよね?
だから「Ⅲ-있다」を使って表現できないのでは?この間の再放送を見て思いました。

一般的に他動詞(「~を」助詞を伴う動詞)は「Ⅲ-있다」は使えませんね。

投稿: ミジ | 2006年3月23日 (木曜日) 午後 01時29分

ミジさん、今日は♪

接尾辞の-겠-は、昨年度の小倉先生のでは[意志]って言っていたので、
もしかしたら[意志]って言った方が理解しやすいかもね・・・。
(野間先生&ミジ先生、申し訳ないですが・・・。m(_)m )
で、その接尾辞の-겠-を使った簡単な例文を作るとするならば、
次のようなのがいいと思います。
それは、先日のWBCで日本が優勝したときのイチロー選手のめちゃくちゃ喜ぶ姿。
それを文にしてみたらね・・・。
それにしても、日本、世界一になっちゃいましたね♪

投稿: コン | 2006年3月23日 (木曜日) 午後 05時20分

コンさん、こんばんは。

なるほど。「・・・しながら(その場に)いる」→「・・・している」と考えることもできますね。

野間先生のHPで、似顔絵がうまいのと、ロケ写真の中でジナ先生が寒さを防ぐために完全武装しているのが面白かったです。

投稿: ぱっきー | 2006年3月23日 (木曜日) 午後 08時05分

ミジさん、こんばんは。

>「겠」は英語の「will(意志)」にほぼ該当する接尾辞ではないかと思います。

自分もちょっと前まではそう思ってました。「will(意志)≒겠」とするのはちょっと違うのかなぁという気がします。今回思ったのが겠は“(話し手の)判断”を表わすということだと思います。「判断」という言葉がぴったりなんですよね。逆にwillとしてしまうと、Ⅱ-ㄹ 것이다もwillに入ってしまいます。
もちろん話し手が主語となる場合は意志とも言えますが、それだけではないですよね。
もっと詳しく知りたければ、野間先生の「<하겠다>の研究」という論文をお薦めします。時間がなければ3章から読んでみてください。

「Ⅲ-야 되다」にしろ「Ⅲ-야겠다」しろ「意図」ではなく「義務」です。英語の「have to」ですね。ここは深く考えなくてもいい気がします。

来週で最後ですね。欠かさず見てきたので、終わりとなると寂しい思いでいっぱいです。ラストは今まで以上に神経を集中させて視聴しようと思います。

チャングムのようにこれからも韓国語の勉強を続けていきましょう。

投稿: ぱっきー | 2006年3月23日 (木曜日) 午後 08時56分

またまたミジさん、こんばんは。(^-^;

>単純に考えると
「食べ終わった状態」を表す場合は
「먹었어요.」と表現するよね?
だから「Ⅲ-있다」を使って表現できないのでは?この間の再放送を見て思いました。

そうです。過去形で状態を表わせますよね。

投稿: ぱっきー | 2006年3月23日 (木曜日) 午後 09時01分

またまたコンさん、こんばんは。

WBCは日本が優勝しましたね。世界一位ですよ。すごいです。すごいけどあまり実感もないかな。(´▽`*)アハハ
イチローがかっこよかったです。

投稿: ぱっきー | 2006年3月23日 (木曜日) 午後 09時09分

ぱっきーさん、こんにちは!

いつも丁寧で解りやすい解説をありがとうございます。

「겠」は、話し手がその場で「判断」するので、おなじ「雨が降るでしょう」という表現も

1.話し手が「겠」を用いて
 「雨が降るでしょう」と言う場合は
→「空が真っ暗で今にも雨が降る状態」

2.話し手が「ㄹ 것이다」を用いて
 「雨が降るでしょう」と言う場合は
→「今は晴れているが、もしかしたら雲の
 動きが変わって雨が降るよ」

ということかな?

野間先生の論文を読んでみたいと思います。それでは良い週末を!

投稿: ミジ | 2006年3月24日 (金曜日) 午後 05時45分

ミジさん、こんばんは。

そうですね。なかなか説明が難しいので、参考書や野間先生の論文などを参考にしてください。韓国人でもはっきりと違いが言える人は少ないんじゃないかなぁ。

投稿: ぱっきー | 2006年3月24日 (金曜日) 午後 09時11分

ぱっきーさん&ミジさん、今晩は♪

接尾辞の-겠-は、簡単に[意志]と一括りにできないんですね!?
チェソンハムニダ。m(_)m

野球ですが・・・。
秋に日本と韓国の試合、やってほしいですね☆

投稿: コン | 2006年3月25日 (土曜日) 午後 06時02分

コンさん、こんばんは。

「意志」も1つの意味としてあるということだと思います。詳しく調べていくと面白い発見がありそうですね。

投稿: ぱっきー | 2006年3月25日 (土曜日) 午後 06時49分

ぱっきーさん、今日は♪

そうですね、1つの接尾辞だけでも一喜一憂して・・・。

ところで、昨年の4月の初回と2回目の放送で、
エンディング曲としてWAXさんの曲が使われていましたが・・・。
実は、そのWAXさんが来月、日本での歌手活動を開始するそうですよ。

投稿: コン | 2006年3月26日 (日曜日) 午後 02時13分

コンさん、こんにちは。

http://www.k-plaza.com/news/200603/20060306.html
これですね。

韓国の歌手がもっと日本で活動してほしいです。特に女性の歌手に来てほしいです。

投稿: ぱっきー | 2006年3月26日 (日曜日) 午後 02時41分

ぱっきーさん、こんにちは!

野間先生の論文を三分の一ほど拝見させていただきましたが、難しいですね。
一度に理解するのが困難です。(泣)

-겠(接尾辞)-について
 ①話し手本人の意志→決断
 ②話し手本人が考える可能性→判断
 ③話し手本人は?→聞き手の判断へ

①は、話し手自身が即決で「~するぞ、~しなくては」と意思を決断してから、聞き手に「意思表示」をすること。
②は、話し手自身が「恐らく~であろう」と予測した上で判断すること。また、話し手の予測は99%的中する可能性がある。
③は、話し手が聞き手に「何を召し上がりますか?」等の「相手の意志」を訪ねる時に使う。話し手本人の意思ではない。

今の段階では、この3点をおさえておけば大丈夫かと思います。いいのかな?

「4月以降もハングル講座で勉強するぞ!」
これは、話し手自身が「ハングル講座で、ハングルを勉強する」と固く意思表示をするための「겠」です。①に該当しますね。   
 4월 부터도 한글 강좌로
           공부하겠습니다.

また、先週末に申した「雨が降るでしょう」「비가 오겠어요.」は99%雨が降る可能性大、と思われます。
この場合は、②に該当しますね。

あまり良い例ではないのだけれど、
ここに大学か大学院で勉強したいと希望している人がいるとします。
話し手自身は「大学で勉強したい」と希望する反面「恐らく周囲に反対されるだろう」と勝手な思いこみ(思い込みといっても99%話し手自身の予測が的中する可能性大)で判断する場合も「겠」が使えるのではないか?
この場合も、②に該当すると思われます。
 나는 대학교에서 공부하고 싶지만
   그러나 아마 주위가 반대 하겠어요.

뭘 드시겠어요?
「何をお召し上がりになりますか?」
この場合は、③に該当しますね。

間違って解釈していると思うので、ご指摘等があれば宜しくお願いします。
接尾辞ひとつ解釈するのが難しいですね。

投稿: ミジ | 2006年3月27日 (月曜日) 午後 06時06分

ミジさん、こんばんは。

なかなか難しいですよね。でも丁寧に書かれてあるので分かりやすいと思います。英語や韓国語で書かれてないので助かってます。(^-^;

ミジさんの3つのまとめで何か大きな間違いがあるとは思いません。ただ②の説明がいまいちよく分かりません。自分の能力不足ですみません。
もっと簡単に3つに分けるとしたら、主体が①一人称の場合②二人称の場合③三人称の場合とした方がいいのかなぁという気がします。
野間先生の論文では主体に話し手が入っているかいないかで分けて、用言が意思動詞かどうかに分けてます。
自分もまだまだ勉強中なので、どう説明すればいいのか迷っているところです。もう少し勉強する時間をください。

投稿: ぱっきー | 2006年3月27日 (月曜日) 午後 09時32分

ぱっきーさん、コンさん、こんにちは!

<自分の能力不足ですみません。
何をおっしゃいますか!
これは、私のセリフですよっ!(笑)
いつも大変だと思いますので、今日は、私のコメントを読み流して下さい。

まだまだ勉強中なので確信したことを言える立場ではないのですが「겠」は「時間の流れの中にいる」とも思いませんか?

久しぶりに野間先生のホームページ(ハングル講座)を拝見したら沢山写真が飾られていますね。ミニドラマ撮影現場に防寒着を着用したジナ先生がいらっしゃる写真もありました。また、視聴者の方がお書きになった「ジナ先生の似顔絵」もありますね!

ジナ先生と来週からお世話になる長友先生とのツーショット写真もありました。倉本さんやRyuさん、スタッフの方々の写真も拝見できてヨカッタです。グランドピアノを横に倉本さんとジナ先生のツーショット写真もありました。野間先生がお書きになられたと思われる?書き込みが面白かったです。

どうしてホームページの主である野間先生の写真はないのでしょう?

「それは僕が裏方のN先生だからさっ!あ~僕ってなんてカッコいいのだろう!ジナ先生もそう思うだろう?」←野間先生の声
「えっ!?誰がカッコいいですって?先生のお言葉はいつも難しすぎますねえ~」←ジナ先生、倉本さん、Ryuさんの声

話を元に戻しますが、野間先生のコメントに「잊지 않겠습니다!(忘れません)」とありました。先生は何に対して「忘れません」とごあいさつなされたのでしょう?

勿論、2005年度ハングル講座の番組制作のために費やされたご苦労とか、視聴者からの問い合わせ等の対応や、また私達のブログの書き込みをご覧になられホッとされた時の思い出等だと思われます。

「約1名、ホッとしない書き込みがあるけどね~」←野間先生の声
「それは、私でしょうか?」←ミジの声
「ピンポ~ン!」←野間先生の声

私の憶測ですが、この場合先生は、ご自分の気持ちを「겠」を入れて表現することによって「絶対に忘れないよ、と先生ご自身の意志+先生ご自身が自分に対して予測した可能性」が込められているのではないでしょうか?

「人称」についてですがハングルの場合は英語と違い人称によって動詞(Be動詞、助動詞:do/does, have/has)及び人称の変化がないため「①一人称の場合②二人称の場合③三人称の場合」と区別することはないと思われます。ぱっきーさんのおっしゃりたい意味が違うかな?

私が先程申した「時間の流れの中にいる」というのは、先生達ご自身のハングル講座を始められてから今までの思い出+ハングル講座の担当から去られても「忘れません」という「強い思い」が込められているのではないでしょうか?

私が3年くらい前に初めて購入したハングル教本に「あいさつの表現」で
「열심히 하겠습니다.」というフレーズがありました。当時は「하겠」を「励む」と覚えたものでした。

「열심히 하겠습니다.」とあいさつすることによって、その方に初めてお会いした時から、どのくらい長い間お世話になるかわからないが、一生懸命がんばるので末永く宜しくお願いします、と先を見越した「強い思い」が込められたあいさつなのではないかな?この場合は「予測」ではなく「意志→決断」だと思います。

<野間先生の論文では主体に話し手が入っているかいないかで分けて、用言が意思動詞かどうかに分けてます。

ごめんなさい、何頁辺りに書かれていますか?16頁の終わりから40頁くらいまで続くものかな?全部で74頁ありますね。

모두 읽어 끝내기 전에 죽겠어요.:全部読み終える前に死にそうです。

この場合の「主体」って、その文章の主語になる人物・物だよね?人物だったら、違う場合もあるかもしれないけれど大抵「意志」だよね?私の捉え方が間違っているかと思いますが・・・

小倉先生の頃に習った「일본 와사비는 어때요?」のスキットに出てきた韓国人男性のセリフで「매워 죽겠어요.」というのがありました。これは、昨日①~③に述べた中には該当しませんね。わさびを食べたからって死ぬわけではないけれど、この男性にとってわさびは「死ぬほど辛い食べ物」と表現したいわけですね。

「④話し手が聞き手に自分の思い、考え、感じたことを伝えたい場合」を付け加えた方が良いかもしれません。
ジナ先生のテキストにも「보고 싶어서 죽겠어요.:死ぬほど会いたいです。」とあったと思います。私も復習します。

上手に説明ができなくてごめんなさい。
今夜は、ジナ先生最後のハングル講座ですね。気合いを入れて頑張ります!

<自分もまだまだ勉強中なので、どう説明すればいいのか迷っているところです。もう少し勉強する時間をください。

もっちろんです。
これからもお互い頑張りましょうね。

投稿: ミジ | 2006年3月28日 (火曜日) 午後 05時54分

みなさん、今晩は♪

今日、今年最後の放送が・・・。
あ~、もうキム・ジナ先生、倉本裕基さん、Ryuさんと会えないのか・・・。
悲しい!!!! 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

投稿: コン | 2006年3月28日 (火曜日) 午後 07時37分

ミジさん、こんばんは。

ココログのメンテナンスのためコメントの返事が遅れてしまい、大変申し訳ありません。

防寒着を着ているジナ先生はおもしろいですね。よほど寒かったのではないでしょうか。

>どうしてホームページの主である野間先生の写真はないのでしょう?

言われてみるとそうですね。気づかなかったです。

>「人称」~

これは私の説明不足でした。要するにYes or Noみたいにはっきりと区切りを入れて違いをはっきりとさせたかっただけです。

>野間先生の論文~

第3章から書いてあります。P.52の分岐図を見てください。あとⅡ-ㄹ 것이다との違いも面白いですよ。

>人物だったら、違う場合もあるかもしれないけれど大抵「意志」だよね?

主体の人物が誰かによります。例えば、話し手なのか、聞き手なのか、それ以外の第3者なのかで違いますよね。

投稿: ぱっきー | 2006年3月29日 (水曜日) 午後 08時34分

コンさん、こんばんは。

コメントの返事が遅れてしまい、申し訳ありません。私が悪いのではなく、すべてココログ管理者が悪いのです。

終わっちゃいましたね。なんだか寂しくなりました。倉本ギャグも聞けないなんて・・・
。゚(゚´Д`゚)゚。

投稿: ぱっきー | 2006年3月29日 (水曜日) 午後 08時36分

ぱっきーさん、こんにちは。

今、野間先生の論文を読んでいます。
ちゃんと印刷して読んでいます。
う~ん、私にとっては少し難しいですね。
解るようで解らないです。これらを読んで「おもしろい」とおっしゃるぱっきーさんは、やはりスゴイと思います。尊敬します。

ぱっきーさんがおっしゃった「主体」とは、
なるほど文学表現のことですね。これなら主語が主体にならない場合もありますね。

「意志動詞」「意志動詞(移動動作)」という具合に、場面ごとに分析している野間先生ってスゴイ!カッコいいですね。
数年前に書かれた論文ですので「過去」だけど・・・
(「僕にとっては過去も現在なんだよ~」←野間先生の声)

私が望んでいるのは「実用的なハングル」で「感覚」です。

例えば・・・

「겠」を用いて「雨が降るでしょう」と表現する時は「99.9%確実に雨が降るという確信がある」場合に使う。

「ㄹ 것이다」を用いて「雨が降るでしょう」と表現する時は「降る確率50%降らない確率50%」場合に使う。

という具合にニュアンスの違いをつかめるようになりたいです。

投稿: ミジ | 2006年3月30日 (木曜日) 午後 01時05分

ぱっきーさん&ミジさん、今日は♪

「・・・している」のⅢ 있다なんですが、
私は次のように考えました。
今の状態になる前となる元となる場所がいまだに存在していて、
今は違う状態でも、いずれ前と同じ、元の状態に戻るってことを示唆しているのではないかと・・・。

投稿: コン | 2006年3月30日 (木曜日) 午後 05時27分

訂正:
ぱっきーさんがおっしゃった「主体」とは、
なるほど文学表現のことですね。これなら主語が主体にならない場合もありますね。

→間違った表現をしてごめんなさい。
「主語と主体が一致しない場合もある」と
書くべきだと思います。合っているかな?上手く説明できないのだけれど、文学表現の場合、殆どが作者自身の主観を作品の中で表現することはない、ということを伝えたかったのです。お昼の時に書き込みした表現ではヘンよね。詳細は、野間先生の
論文29頁辺り「英子さんは退屈~」に記載されていることです。
余談になりますが、長友先生の名前も「英子さん」ではなかった?

大事なことを書くのを忘れましたが
「野間先生の論文を、きちんと理解できる
ようにしたいです。」
↑日本人は「ㄹ 것이다」的な表現が多いかも?仮に「겠」で表現して達成出来なかったら、先生に叱られると思いませんか?ニュアンスが違うかな?

今週のテレビハングル講座だけ、未だに
通常通りに表示されません。ぱっきーさんからのメッセージが見られないのが残念!

投稿: ミジ | 2006年3月30日 (木曜日) 午後 05時58分

ミジさん、こんばんは。

>「野間先生の論文を、きちんと理解できる
ようにしたいです。」
↑日本人は「ㄹ 것이다」的な表現が多いかも?仮に「겠」で表現して達成出来なかったら、先生に叱られると思いませんか?ニュアンスが違うかな?

いえ、ここは겠やㄹ 것이다を使う必要がないですね。이해하고 싶어요.でいいのではないでしょうか。

ブログのバージョンアップから正しく表示されない状態が続いています。他のブログでもそのような状況みたいです。ココログの管理者はプログラムを修正していると思うので、もうしばらく待ってください。

投稿: ぱっきー | 2006年3月30日 (木曜日) 午後 08時17分

コンさん、こんばんは。

うーん・・・。○| ̄|_ 分からないです。
すみません。

投稿: ぱっきー | 2006年3月30日 (木曜日) 午後 08時25分

ぱっきーさん、コンさん、こんにちは?

コンさんがおっしゃりたいことは、次のようなことかな?

●自動詞イメージ:
1.話し手自身が自ら体を動かして行動
例:~へ行く、~に座る

●他動詞イメージ:
1.外部から話し手自身の体の中へ入る
 行動、話し手自身がモノにする
2.話し手自身が他の力を借りて行動
3.話し手自身にかえってくる行動
例:~を食べる、~を見る、~を勉強する

例えば、
私達は「テレビハングル講座」を見たり、テキストを読んだりしてハングルを勉強しますよね。「ハングル講座の映像」や「テキストに記述されている内容」が私達の目の中
に入ってくる、これこそが他動詞イメージだと、私は考えました。

だから「Ⅰ-고 있다」でしか表現できないと思います。私は「Ⅰ-고」自体が「話し手本人の力」+「外部から加える力」の働きをする接続形ではないかと思います。

もしかしたら、ハングルを母語としている方々は、生活の中で「自動詞」「他動詞」のイメージを自然に身に付けたのかもしれません。

投稿: ミジ | 2006年3月31日 (金曜日) 午後 01時08分

ぱっきーさん&ミジさん、今日は♪

私が言いたかったのは・・・。
「行く」も「座る」も、その行動を起こす前の状態や場所にいつでも戻れるけど、
「食べる」や「見る」は、そのときの一瞬一瞬でもう違ったかたちに変化しているじゃないですか!?
さっきまでテーブルに並べられていた食べ物がその人の口に入っていて、もう食べ物自体がなくなっちゃっていたり、
現在見ている景色は、すぐさっきまでとは違っちゃったりして・・・。
ってことで、昨日書いたのはこういう意味だったんだけど、
逆に分かりにくくなっちゃったかな!?(苦笑)

投稿: コン | 2006年3月31日 (金曜日) 午後 04時33分

ミジさん、こんばんは。

>●自動詞イメージ:
1.話し手自身が自ら体を動かして行動~

ここで「話し手」とするのはおかしい気がします。主体のことかな?他動詞は何かに力を与える動詞だと思ってます。

>「Ⅰ-고」自体が「話し手本人の力」+「外部から加える力」の働きをする接続形ではないかと思います。

「外部から加える力」というのが何なのかが分からないです。

投稿: ぱっきー | 2006年3月31日 (金曜日) 午後 09時39分

コンさん、こんばんは。

やはり分かりません。理解できずにごめんなさい。

>「食べる」や「見る」は、そのときの一瞬一瞬でもう違ったかたちに変化しているじゃないですか!?

言おうとしていることは分かりますが、「見る」は変化してないのでは?

投稿: ぱっきー | 2006年3月31日 (金曜日) 午後 09時51分

ぱっきーさん、こんにちは。
ご指摘ありがとうございます。説明不足で申し訳ございません。

そうですね。私が申し上げたいのは「主体」です。分かりやすく言えば「動作・作用を他に及ぼす人物」です。
通常は、あまり専門用語にこだわる必要はないと思ったので、簡単に「話し手」と書かせていただきました。

<「外部から加える力」

私も自分で書いていて、これでいいかどうか迷いました。
例えば、「電車に乗る」等の他の力を借りて動くことを想像して書きました。

ぱっきーさんがおっしゃる通り、他動詞は「何かに力を与える動詞」でもあるし「与えられる動詞でもある」と思うのですよ。
もっと勉強します。

昨日でジナ先生のハングル講座が終了しました。明晩から長友先生のハングル講座が始まります。お互い頑張りましょうね。
その前に、今晩から新しい中国語会話が始まります。今年度は、どのような構成なのか楽しみです。

投稿: ミジ | 2006年4月 3日 (月曜日) 午後 12時53分

ミジさん、こんばんは。

今日から新講座がスタートですね。楽しみです。
ラジオも夜10:20からなので聞きやすいです。実はハングル講座の後が中国語講座なので続けて聞いてみようと思いテキストも買ってしまいました。でも続けられるか不安です。
そしてそのまま中国語会話ですね。欠かさず見続けたいです。分からない所は教えてください。よろしくお願いします。

投稿: ぱっきー | 2006年4月 3日 (月曜日) 午後 08時51分

ぱっきーさん、こんにちは。

<ハングル講座の後が中国語講座なので

これは!?もしかして今年度から、ラジオハングル講座は10:20pmから放送されるのですか?

♪ジナ先生ファン必見
デジタル教育テレビでは、ジナ先生率いるハングル講座を見ることがまだ可能です。
http://www3.nhk.or.jp/hensei/de0/20060404/frame_18-24.html

♪Ryuさんファン必見
今年度のハングル講座にも引き続きレポーターとして出演されるようです。
ヨカッタ~&キップダ~
韓国へ旅立つにはパスポートとキップダ~

ということで、益々やる気が出てきました。
倉本さんもご一緒なら良いのに~
再び、おやじギャクを聞くことができるかも。

こちらこそ宜しくお願いします。
私の知っている範囲で、分かりやすく説明できるよう努力します。
なんか恥ずかしいな・・・^^;

投稿: ミジ | 2006年4月 4日 (火曜日) 午後 12時53分

ミジさん、こんばんは。

ラジオハングル講座は夜10:20からになりました。その後中国語講座になります。

デジタル教育テレビを見たいですが、受信機か新しくテレビを買い換えるしかないです。残念。

>韓国へ旅立つにはパスポートとキップダ~

座布団2枚差し上げます。

中国語も面白いですね。ピンインのeを「え」と言ってしまいそうです(笑)

投稿: ぱっきー | 2006年4月 4日 (火曜日) 午後 09時47分

ぱっきーさん、こんにちは。

長友先生が率いるハングル講座が始まりましたね。
今までと雰囲気が違いますが、今年度は聞き取りを中心に頑張っていこうと思います。できるかな・・・自信ない
(「そんなこと言っちゃダメじゃん!頑張り
ましょうね!」←長友先生の声)

座布団ありがとうございます。
大切に使います。(笑)
ラジオもなるたけ聞くように努力しますが、今年度もやはりテレビ中心かなあ・・・

そうですね。
中国語で「e」は「オ」と読みます。
日本語「エ」の口の形で「オ」と読みます。難しいですね。

話が飛びますが、子音の「ian」「iang」も
面白いです。
「ian」・・・「イエン」と読みます。
「iang」・・・「イアーン」と読みます。

また中国語にもハングル同様「n」「ng」の音もあるのですよ。

投稿: ミジ | 2006年4月 5日 (水曜日) 午後 01時02分

ミジさん、こんばんは。

新講座は全体的に韓国語がたくさん聞けたのではないかと思います。初回から中級者にも楽しめるようになっているのではないでしょうか。

中国語の発音もやってみると面白いですね。有気音は韓国語の激音に似てますね。引き続きがんばります。

投稿: ぱっきー | 2006年4月 5日 (水曜日) 午後 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/9157650

この記事へのトラックバック一覧です: [再]第24課 待っています。:

« 写真で単語を覚える(112) 畳 | トップページ | 「文章丸暗期が試験・会話に役立った」TOEIC満点チェ・ジョンヨンさん »