« 天が崩れても這い出る穴はある | トップページ | 写真で単語を覚える(149) 風鈴 »

2006年4月29日 (土曜日)

韓国映画『ボーン・トゥ・キル』

Born_to

今日、近くのレンタル屋で韓国ドラマ『ランラン18歳 Vol.1』と韓国映画『ボーン・トゥ・キル』を借りてきました。

『ボーン・トゥ・キル』では『私の頭の中の消しゴム 내 머리 속의 지우개』のチョン・ウソン[정 우성]と『カル 텔미썸딩』『八月のクリスマス 8月의 크리스마스 』の シム・ウナ[심 은하]が主演です。

 
早速家で見てみたんですが、なんか見たことがある・・・!?

実は「韓国ムービースターLIVE」という付録のDVDに入っていた映画で、以前見たことがある映画でした。ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!!

ショック ○| ̄|_ 借りるときにまだ見てない映画だと思ったのになぁ。損した。

話の内容、アクションシーンも悪くはないです。終わり方も文句なし。ただチョン・ウソンファンでもシム・ウナファンでもないので、もう一回見ようとは思わないです。

代わりに『ランラン18歳』を見て楽しもうと思います。


チョン・ウソンの秘密―情熱の眼差し
チョン・ウソンの秘密―情熱の眼差し

『チョンウソンの秘密』研究会

Amazonで詳しく見る

『チョンウソンの秘密』研究会って一体・・・( ̄□ ̄;)!!

|

« 天が崩れても這い出る穴はある | トップページ | 写真で単語を覚える(149) 風鈴 »

韓国映画」カテゴリの記事

コメント

ぱっきーさん、こんばんは!
今時の雑誌にはDVDの付録とか付いてるんですよね。
私は韓流系の雑誌は買わないようにしています。
もう欲しくなってきりがないので・・・・

チョン・ウソンといえば「武士-MUSA」ですね~ご覧になりましたか?この映画で初めて知ってネットで調べまくりましたよ。あと「消しゴム」も素敵でしたね。今度「トンケの蒼い空」が見たいです。

ちょっと話はそれてしまうのですが、以前ぱっきーさんに尋ねた「公共の敵」、1と2を見ましたよ!「シルミド」の監督カン・ウソクの作品だったんですね。いやぁもうメッチャ楽しめました。ソル・ギョング最高でした!機会があれば是非ご覧になってください♪

投稿: KOMI | 2006年5月 5日 (金曜日) 午後 08時18分

KOMIさん、こんにちは。

映画が1本まるごと入っているDVD雑誌があったので、買って見てみました。そんな映画が入っている雑誌なら迷わず買います。^^

「武士-MUSA」と「トンケの蒼い空」は見ました。「武士-MUSA」はいい映画でしたよね。「消しゴム」がまだなのでレンタルして見ようと思ってます。

「公共の敵」を見たいんですよね。(^-^; 見たい映画が多くて大変です。DVDが発売されたときに必ず見たいです。

投稿: ぱっきー | 2006年5月 6日 (土曜日) 午前 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/9817142

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国映画『ボーン・トゥ・キル』:

« 天が崩れても這い出る穴はある | トップページ | 写真で単語を覚える(149) 風鈴 »