« 世界のコトバで遊ぶ | トップページ | 「韓国語ジャーナル 第1号」のまとめ »

2007年1月 3日 (水曜日)

놓다と두다の違い

「~しておく」という表現は -아/어 놓다-아/어 두다 の二つがあります。ほとんど同じような気もしますが、微妙に違いがあります。ちょっと覚えておくためにまとめておきます。

『スタンダードハングル講座 3解釈』の説明では、

-어 두다 は完結する動作の終結に注目し、-어 놓다はその始まりに注意した言い方である。そこから -어 두다 は保管するとか、後日のことを念頭に入れた動作のような意味になるのに対し、-어 놓다 にはそのような意味がないという具体的な意味の違いが出てくる。

分かったような分からないような感じなので、以下載っていた例文で理解してみましょう。
 

저를 괴롭히지 말고 내버려 두세요.
私を悩まさないで、放っておいて下さい。
(어 놓다は使えない)

문제점을 해결하지 않고 놓아 두면 놓아 둘수록 커지게 마련이다.
問題点を解決せずに放っておけばおくほど大きくなるものだ。
(어 놓다は使えない)

제가 하는 것을 잘 보아 두세요.
私がやるのをよく見ておいて下さい。
(어 놓다もつかえるが어 두다を普通使う)

상대방에게는 제가 잘 말해 두었어요.
相手には私がよく言っておきました。
(어 놓다も使えるが어 두다の方がよい)

저렇게 버릇없는 아이를 그대로 놓아 둘 수는 없어요.
あんなに行儀の悪い子をそのまま放っておくことはできません。
(어 놓다は使えない)

오는 저녁에는 맛있는 찌개를 끓여 놓을게요.
今晩はおいしい鍋ものを煮ておきますからね。
(어 두다は使えない)
 

ちなみに「置いておく」は 놓아 두다 になります。두어 놓다は間違いです。試験に出そうです。
 

もう一つ『韓国語文法辞典』では、

-어 두다 は -어 놓다 に比べ、状態保存の時間がさらに長く持続されることを表す。

となっています。こちらの説明の方が一見簡単で分かりやすいのですが、ただ単に相対的に比べたのであって、具体的な時間の大きさが分かりません。まぁそんなことを言っている頭の固い私です。

もう少し考えてみようと思います。本当にしっかり区別しようとするのであれば、アスペクトとかそういう話になるのでしょうね。
 


『スタンダードハングル講座 3解釈』 康仁善 、金東俊著 P.36-38
『韓国語文法辞典』白峰子著 P.262

|

« 世界のコトバで遊ぶ | トップページ | 「韓国語ジャーナル 第1号」のまとめ »

韓国語の学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/13318777

この記事へのトラックバック一覧です: 놓다と두다の違い:

« 世界のコトバで遊ぶ | トップページ | 「韓国語ジャーナル 第1号」のまとめ »