« 写真で単語を覚える(398) たき火 | トップページ | 写真で単語を覚える(399) 悩む »

2007年1月23日 (火曜日)

[再]「르変則」・「~니까/~으니까」

今日のNHKラジオ ハングル講座

포인트Ⅰ 「르変則」

語幹が「르」で終わる動詞と形容詞のほとんどは、後ろに<아/어, 아서/어서, 았/었>などの「아/어母音」が続くと、「르」はなくなり、その代わりに「르」の前後にㄹ(終声)とㄹ(初声)が付きます。つまり、「語幹の르+아/어母音」は、르の1つ手前の音節が陽語幹の場合は「~ㄹ라」に、陰語幹の場合は「~ㄹ러」に変わる。

「르語幹の形容詞」の内、「누르다(黄色い)と푸르다(青い)→러変則」以外はすべて「르変則」活用する。

고르다:選ぶ 골라요 골랐다
빠르다:速い 빨라요 빨랐다
부르다:満腹だ 불러요 불렀다
 

포인트Ⅱ 「~니까/~으니까」

母音語幹・ㄹ語幹(脱落)+니까
子音語幹+으니까

1)先行文の用言の語幹に付いて、それが後続文の「理由や原因」になることを表します。補助語幹「았/었」の後ろに付けることはできますが、「겠」とは一緒に使えません。

전화 번호는 누나가 아니까 누나한테 물어 보세요.
電話番号は姉が知っているから、姉に聞いてみてください。

짐이 많으니까 택시를 탈까요? 
荷物が多いからタクシーに乗りましょうか。
 

2)先行文の用言の語幹に付いて、それが後続文の「動作や状況の前置き」になることを表します。先行文の主語は話し手で、後続文の主語と異なるケースがほとんどです。また、後続文の時制はおおむね過去になる。

목적지에 도착하니까 이미 밤이었습니다.
目的地に着くと、すでに夜でした。

얼굴을 자세히 보니까 중학교 때 친구였어요.
顔をよく見ると、中学時代の友達でした。
 

【語句】
오리:アヒル 기르다:飼う 올라가다:のぼる(오르다+가다)
모이:餌 젓다:漕ぐ 느껴지다:感じられる 
부딪치다:ぶつかる 스피드광【-狂】:スピードマニア

아직 모르는 게 많으니까 잘 부탁드립니다.
まだわからないことが多いのでよろしくお願いいたします。

本日の勉強時間[0.0]時間 (Total:634.5時間)

|

« 写真で単語を覚える(398) たき火 | トップページ | 写真で単語を覚える(399) 悩む »

ラジオ(入門編)2006年後期」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [再]「르変則」・「~니까/~으니까」:

« 写真で単語を覚える(398) たき火 | トップページ | 写真で単語を覚える(399) 悩む »