« 写真で単語を覚える(536) こぼす | トップページ | 韓国語学習Q&A200 »

2007年6月15日 (金曜日)

蓮池薫さん、15日ブログ開設 翻訳の裏話などつづる

 韓国の文学作品などの翻訳を手がける拉致被害者の蓮池薫さん(49)=新潟県柏崎市=が15日からインターネットのブログを始める。蓮池さんの翻訳書を2冊出版した新潮社が自社ホームページ内に設けた。週1、2回更新の予定という。

 初回の題は「孔枝泳(コン・ジヨン)さんの来る日 その1――風呂でもジョギング中も韓国語」。5月末に邦訳版が出た「私たちの幸せな時間」の原著者孔枝泳さんが5月中旬に来日した際、蓮池さんが通訳を担当し、書き言葉の翻訳とは違う韓国語に取り組んだ裏話を書いた。

 「孔さんの通訳はどうしてもやりたかった。車の音楽CDを韓国語学習CDに取り換えて耳を慣らし、風呂やジョギングも韓国語の反復時間に早変わり」などとつづっている。

 ブログについては「韓流ドラマや映画だけでなく、韓国の作家や文学に関心をもっていただけるような話を発信したい」という。

asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/0615/TKY200706140342.html

毎週の更新が楽しみです。

http://www.shinchosha.co.jp/topics/hasuike/blog/index.html

|

« 写真で単語を覚える(536) こぼす | トップページ | 韓国語学習Q&A200 »

新聞・ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/15445454

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮池薫さん、15日ブログ開設 翻訳の裏話などつづる:

« 写真で単語を覚える(536) こぼす | トップページ | 韓国語学習Q&A200 »