« Blu-ray勝利? | トップページ | 外国語を身につけるための日本語レッスン »

2008年1月 5日 (土曜日)

ラジオ語学講座 公開収録2

昨日に引き続き公開収録でした。さらに難しい韻律です。

~ユニ先生の発音クリニック~

韻律

(1)文の最初の音節は低くスタート

  • 激音・濃音・ㅅ・ㅎは高くスタート
  • 句はLH・・・LH、ポーズの前ではLH・・・LHL
  • 文末ではLL(はっきり・不機嫌)、またはHL(親近感・親切)
  • 文(話題)の焦点がある部分はH。

(2)疑問文の文末イントネーションに注意

  • 可否(Yes-No)疑問文の文末は急激なH。
  • 疑問詞疑問文の文末はHLか緩やかにLH。

うまくなるコツはまねをすることだそうです。シャドーイング、オーバーラッピングで練習していきたいです。
 

【視聴者からの質問】
自分自身を励ますことばをお願いします。

「希望を持って、勉強すれば昨日よりうまくなると信じる。勉強しなければうまくならない。」

ユニ先生に勇気づけられました。

|

« Blu-ray勝利? | トップページ | 外国語を身につけるための日本語レッスン »

ラジオ(入門編)2007年後期」カテゴリの記事

コメント

ぱっきーさん、ご無沙汰しています。そして
大変遅くなりましたが、明けましておめでと
うございます。
落ちこぼれの私ですが、今年もよろしくお願
いします。

>「希望を持って、勉強すれば昨日よりうま
くなると信じる。勉強しなければうまくなら
ない。」

すごく良い言葉ですね♪
ユニ先生の講座は録音しただけでまだ聞いて
いないので、今から聞いてみます。


投稿: | 2008年1月 6日 (日曜日) 午後 03時43分

ぱっきーさん、ごめんなさい!
↑の名無しのコメントは私です。

新年早々、大失敗してしまいました。 (>_<)

投稿: mickey | 2008年1月 6日 (日曜日) 午後 03時46分

ぱっきーさん&mickeyさん、今晩は。

イントネーションは、応用編のときにも難しく感じましたが・・・。
まっ、ネイティブの方の発音をシャドーイングやオーバーラッピングで練習すれば、
いつかきっとうまくなるでしょう!
そう思って、これからも頑張るつもりです。

ところで、イ・ユニ先生の言葉でもうひとつ参考になったのは・・・。
「好きなジャンルの言葉をいっぱい覚えること。」です。
確かに、好きなジャンルだとたくさん覚えられそうで・・・。
これも真似て、これからも頑張るぞ!!

投稿: コン | 2008年1月 6日 (日曜日) 午後 05時02分

mickeyさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ユニ先生の言葉がグッときました。勉強しないとうまくなりませんよね。必ず韓国人と間違われるぐらいにうまく話せると信じてがんばっていきたいです。
mickeyさんに負けずに、英語と韓国語を勉強し続けたいと思います。

投稿: ぱっきー | 2008年1月 6日 (日曜日) 午後 06時09分

コンさん、こんばんは。

そうですね。とにかく真似をして韓国人のイントネーションに近づけたいです。自分で実際に発音していくことも大切だなぁと思いました。どんどんラジオで真似をしていきたいです。

好きなジャンルというと私は韓国映画かな。興味ある記事を読み続けます。

投稿: ぱっきー | 2008年1月 6日 (日曜日) 午後 06時13分

ぱっきーさん、今日は。

昨日の6時からNHK教育テレビで再放送された語学番組『NHKテレビ ハングル講座』。
それを観たら、講師の長友英子先生も言っていました。
「好きなものでどんどん学習していきましょう!」って・・・。

ところで、2008年ももう1週間経とうとしているのですねぇ~。
そこで(?)、これから例の今年の抱負を語りますね。
えっと、私の場合は・・・「数詞をマスターする!」です。

投稿: コン | 2008年1月 7日 (月曜日) 午後 04時34分

コンさん、こんばんは。

そうですね。楽しく続けられればそれにこしたことはないですよね。

同じく数詞を完璧にマスターしようと思います。一緒にがんばりましょう。

投稿: ぱっきー | 2008年1月 7日 (月曜日) 午後 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/17587174

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオ語学講座 公開収録2:

« Blu-ray勝利? | トップページ | 外国語を身につけるための日本語レッスン »