« Google翻訳で韓国語の勉強 | トップページ | 第56回 信者同士 »

2008年12月15日 (月曜日)

「しのぎ」と「角逐」

「しのぎ、すごい」麻生首相、“暴力団用語”で環境施設ほめる

 麻生首相は14日、北九州市を訪れ、リサイクル施設を中心とする環境関連産業の集積地「北九州エコタウン」などを視察した。

 エコタウンでは、職員からペットボトルのリサイクル処理などの説明を受け、首相が「民間で(環境対策を)銭にしちゃおう、しのぎにしようというところがすごいね」と、暴力団の資金獲得活動を指す意味で使われることもある「しのぎ」を口にする一幕もあった。

2008年12月15日13時20分  読売新聞

別に麻生さんをかばおうという気は全くないのですが、何かもう揚げ足取りのようになっている気がします。何も発言できなくなるのではないでしょうか。慎重に言葉を選んで発言すべきなんだろうけど、ちょっと失言探しになっているようです。

私は単独の「しのぎ」が暴力団用語だとは知りませんでした。麻生さんも暴力団用語だと知っていて使うなら問題かもしれないが、知らなかったんじゃないでしょうか。あーでも、仁侠映画とか見てそうな感じだし、何とも言えない。
 

そんなことはどうでもよく、「しのぎ」という言葉です。

よく使うのは「退屈しのぎ」か「しのぎを削る」ですか。使い方は違いますけど。

韓国語で調べてみました。

심심풀이  退屈しのぎ
심심하다(退屈だ)+-풀이(解くこと、晴らすこと)かな?

임시 변통【臨時變通】  その場しのぎ
 

우승을 놓고 각축을 벌이다.
優勝をめざぐってしのぎを削る。(각축【角逐】)

かくちく【角逐】
[名]《「角」はあらそう、「逐」はおいはらう意》互いに争うこと。せりあい。

知らなかった用語が出てきます。日本語の勉強もしなければ。

逆に日本語の勉強は韓国語の学習の手助けになりますね。

|

« Google翻訳で韓国語の勉強 | トップページ | 第56回 信者同士 »

日本語」カテゴリの記事

コメント

他の言語の場合どうなんでしょうかね?
韓国語は、形容詞、動詞等で活用が変わりますから、まず、日本語で品詞がなにかわからないとね。
例えば、「むかつく」って言葉。動詞なのか、形容詞なのかわかりにくいですよね。。
「○○にむかつく」だと動詞っぽいですが、「むかつく人」だと形容詞っぽいです。

投稿: へジ | 2008年12月16日 (火曜日) 午後 12時46分

へジさん、こんばんは。

“動”詞の基本は動作なので(状態もありますが)、「むかつく」は動詞になります。形容詞は属性や状態を表します。

いちばん簡単に分かる方法は動詞の基本形は-uで終わります。mukatuk-u

投稿: ぱっきー | 2008年12月16日 (火曜日) 午後 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/43428884

この記事へのトラックバック一覧です: 「しのぎ」と「角逐」:

« Google翻訳で韓国語の勉強 | トップページ | 第56回 信者同士 »