« 第1話 何ものでもないまま死ぬなんて残念だ。 | トップページ | 「てっぱん」の大阪ロケ地 »

2010年10月 1日 (金曜日)

第2話 その文句が魚のように跳ねた。

「てっぱん」を観ている人いますか。(理由は明日のブログで)

今日のNHKラジオ「まいにちハングル講座」から

-에다(가):~に 갑옷【甲-】:甲冑、鎧・兜
씌우다:かぶせる 애쓰다:努める、頑張る
설인【雪人】:雪男 석고붕대【石膏繃帶】:ギプス
두르다:巻く 어쩌다(가):どうして(いるうちに)
치솟다:立ちのぼる、舞いあがる
또렷하다:はっきりとしている 가득:いっぱいに
채우다:満たす 퍼덕이다:(魚が)跳ねる 퍼덕:ぴちぴち
 

그 사람 덕분에 その人のおかげで
 

先週の放送がネットで聴けます。→こちら


【メモ】

창으로 갑옷을 꿰뚫다. 槍で鎧を刺し貫く。

눈물을 안 보이려고 애쓰다.
涙を見せまいと努める。

발음이 또렷하다. 発音がはっきりしている。

本日の勉強時間[0]時間 (Total:81時間)

|

« 第1話 何ものでもないまま死ぬなんて残念だ。 | トップページ | 「てっぱん」の大阪ロケ地 »

まいにち(応用編)2010年後期」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/49613593

この記事へのトラックバック一覧です: 第2話 その文句が魚のように跳ねた。:

« 第1話 何ものでもないまま死ぬなんて残念だ。 | トップページ | 「てっぱん」の大阪ロケ地 »