« 第28回 店をどう変えたものか | トップページ | 第39課 イチョンの陶芸名人 »

2011年1月15日 (土曜日)

2011年センター試験

寒い中、受験生の皆さんはセンター試験です。snow

今日は早く寝て明日もがんばってください。

 

受験生でない私達は韓国語の問題をやってみましょう。

問題は

河合塾 毎日新聞 Yahoo!

にあります。

 


1問目から間違た。orz

「생활미술과」 の과 って濃音じゃないの?

 

でも以前よりも出来る問題が増えました。good 

できるようになるとおもしろい。

|

« 第28回 店をどう変えたものか | トップページ | 第39課 イチョンの陶芸名人 »

韓国語の学習」カテゴリの記事

コメント

昨年までは解く気もしませんでしたが、今年は挑戦してみました。
苦手なところが見事に分かる結果となりました(;;;´Д`)ゝ
そうですね、少しずつでも解けるようになっているということをはげみに頑張っていきたいです。

こっぱずかしいのでファン限定記事ですが、こちらのブログを拙記事で紹介させてもらいました、事後報告ですみませんm(_ _)m

投稿: M | 2011年1月17日 (月曜日) 午後 06時05分

こんばんは!

「과」なのか「꽈」なのか・・。濃音(된소리)は私にとってもすごく紛らわしいことです。
韓国語の文法を私たちも中学校のときから学びますので、本~当に難しくて国語が嫌いになるぐらいでした。

たとえば「효과」の「과」を濃音で発音するのが正しいか、そのまま言うのがただしいかで小学校のとき友だちとすごいけんかになったことを未だに覚えています。

もちろん、そのまま「과」で発音するが正しいですが、実生活では「과」とは誰も言わないから、あの友だちとけんかになったわけです。

確かにニュースなどテレビ番組でないと、みんな間違っていることを知っていなながらも「꽈」というのです。どうやら「꽈」のほうがもっと発音しやすいみたいですね。ぽっきーさんはどうですか。

でも不思議なことに、発表などの公式的な場では、みなちゃんと「과」というのです。
このおかげで、「꽈」は日常的ニュアンスを、「과」は少しだけ重い雰囲気をかもし出すニュアンスを持つようになったと思います。(私だけの結論ですから注意してください!)

それで「학과」の「과」も濃音で発音するのがいちおう自然です。・・でもこれが正しいか違うかはまた話が別なので・・母に聞いてみたところ、「꽈」のほうがただしいといいます。
ぱっきーさんが知っているとおりでした!

さて。「김밥」の「밥」は濃音かないか?!これもまたなぞです。

投稿: ラオンゼナ | 2011年1月17日 (月曜日) 午後 08時50分

Mさん、こんばんは。

センター試験なので良問だと思いました。微妙な引っかけというのかな、受験生にはちょうどいいレベルだと思います。私達韓国語学習者にとっても勉強になります。まだ全部やっていないので、少しずつ問題を解いて知らない単語はきちんと辞書で調べてノートに書き留めます。

いえいえ、紹介ありがとうございます。

投稿: ぱっきー | 2011年1月17日 (月曜日) 午後 08時51分

ラオンゼナさん、こんばんは。

韓国人も発音が難しく感じるときがあるんですね。意外でした。

たしかに濃音は日本人も慣れているので発音しやすいです。自然と発音しやすい方を言ってしまいますね。

日本人は激音が苦手です。聞き取りも難しいです。

「꽈」と「과」のニュアンスの違いなど新しい発見がありました。勉強になりました。ありがとうございます。

投稿: ぱっきー | 2011年1月17日 (月曜日) 午後 09時24分

ぱっきーさん&Mさん&ラオンゼナさん、皆さん、今晩は。

平成23年度大学入試センター試験の各教科の平均点・最高点・最低点などが昨日、発表されました。
気になる韓国語ですが、今年は満点の200点をとった人はいなかったようです。
 http://www.dnc.ac.jp/modules/news/content0434.html

投稿: コン | 2011年2月 4日 (金曜日) 午後 05時50分

コンさん、こんばんは。

韓国語を選択した人が163人と意外と少ないなぁと思いました。中国語がその倍ぐらいなんですね。満点って一人はいてもいいと思うんですけども、難しいのでしょうか。0点は受験番号を間違えたとかかな。despair

投稿: ぱっきー | 2011年2月 4日 (金曜日) 午後 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/50595082

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年センター試験:

« 第28回 店をどう変えたものか | トップページ | 第39課 イチョンの陶芸名人 »