« 第55回 観覧に関する表現 | トップページ | 第56回 入場の可否に関する表現 »

2011年2月15日 (火曜日)

メモ②

자반:塩で味付けした魚

장아찌:漬物

안색【顔色】

눈이 찢어지다 目が細い

거들떠보지도 않다 見向きもしない

보조개가 생기다 えくぼができる

깜빡하다:うっかり忘れる

500원어치 500ウォン分

고스톱을 치다 [go-stop] 花札をする

쫄딱 망하다 すっかり落ちぶれる

팔아넘기다 売り飛ばす
웃어넘기다:笑ってごまかす、問題にしない

비웃다:あざ笑う

막무가내로【寞無可奈-】:頑として、どうしても

가식적이다【假飾的-】:見せかけだ、偽りだ

|

« 第55回 観覧に関する表現 | トップページ | 第56回 入場の可否に関する表現 »

韓国語 単語・文法」カテゴリの記事

コメント

반갑습니다~
우연히 들어왔는데요.혼자서 한국어 공부하시나봐요.저도 혼자 일본어 공부하는데..
가끔 공부하러 오겠습니다^^

投稿: 空の旅行 | 2011年2月16日 (水曜日) 午前 10時47分

空の旅行さん、はじめまして。

独学で韓国語の勉強をがんばってます。
また遊びに来てください。日本語の質問でも何でもいいです。これからもよろしくお願いします。

投稿: ぱっきー | 2011年2月16日 (水曜日) 午後 08時47分

独学で韓国語の勉強しています
時々お邪魔させていただきます。

投稿: 辛ちゃん | 2011年2月17日 (木曜日) 午後 08時24分

辛ちゃんさん、ありがとうございます。

お互い独学同士がんばりましょう。
また気軽にコメントください。

投稿: ぱっきー | 2011年2月17日 (木曜日) 午後 10時05分

みなさん、こんばんは。
空の旅行씨 반가워요. 같이 일본어 공부 힘내요!

웃어 넘기다.
웃어서 얼버무리다.

これらの間にはちょっとした差があります。両方とも「何かの誤りがあったとき、それをあえて問題にしない」という意味なんですが、「誰が誤りを犯したか」によって使い方が異なります。

例えば年下の相手から失礼なことを言われたとき、確かに気を損ねられたんだけど、まぁ親しい後輩のだから、または怒る場ではないから、と思って自らも理解しようとし、相手のために聞けなかったふりをするときには、

웃어 넘기다.

を使います。私は被害者(?)で、目をつぶる、みたいな感じ。
ちなみにこれがたまって、怒り狂ったときよくこういいます。

내가 거기까지는 그냥 웃어넘겼다고! 그런데・・・

反対に、誤りを犯したのは自分のほうで、これをなんとか責任をおわずに済ませようとするときには

웃어서 얼버무리다.

のほうが適切だと思います。
でも普通「얼버무리다」は単独で使われるときが多いです。

もともと「얼버무리다」は相手でなく自分が失態をみせたときに使う言葉なんですから、もし「ごまかす」も同じだったら、「笑ってごまかす」と「웃어 넘기다」は違ってきます。

「ごまかす」は「얼버무리다」と同じですか?自信がないです。

投稿: ラオンゼナ | 2011年2月18日 (金曜日) 午前 01時27分

얼버무리다
調べてみました。
「言葉を濁す」とか、「はぐらかす」「紛らす」という意味みたいですね。
ルー語では、例えば、チングが、はっきり言わないときに「オルボムリってる・・」と使えばいいですかね^^。
「비웃다:あざ笑う」事件ってのがあって、知り合いのアガシが、高校のとき비웃다を辞書で調べて、あざ笑うっていうんだ・・とチングに使ったら、爆笑で、それからしばらく学校で流行語になったそうです。それで、あざ笑うは使わないんだ、と思い、もう一つの、「せせら笑う」と言ったら、これまた爆笑でしばらく流行語になったらしいです(笑)

웃어 넘기다は、”相手の”ミスを笑って許すだとしたら、「ごまかす」ではないですよね。。
「許す」の意味が強い。

投稿: 혜지 | 2011年2月18日 (金曜日) 午後 12時32分

ラオンゼナさん、こんばんは。

解説ありがとうございます。
自分のミスをなかったことにする場合は「얼버무리다」なんですね。勉強になりました。얼버무리다をしっかりと覚えます。

投稿: ぱっきー | 2011年2月22日 (火曜日) 午後 07時53分

혜지さん、こんばんは。

넘기다は「(何かを)越える」という意味なので、その状況を笑ってなかったことにするといった感じですね。

投稿: ぱっきー | 2011年2月22日 (火曜日) 午後 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/50867453

この記事へのトラックバック一覧です: メモ②:

« 第55回 観覧に関する表現 | トップページ | 第56回 入場の可否に関する表現 »