« 第35回 「~できない」(不可能) | トップページ | 第30回 「~(し)たいと思う」に対応する表現 »

2012年1月19日 (木曜日)

第29回 「-(으)니까」の使い方

NHKラジオ「まいにちハングル講座」から

자르다:切る 갸름하다:細長い、卵形だ
머릿결:髪の質

 

「-(으)니까」の使い方

1.理由や原因を表す

①正しい理由や原因だという話し手の確信を伝える

일기예보에서 비가 온다고 했으니까 우산을 가지고 왔어요.
天気予報で雨が降ると言ったので傘を持ってきました。

②命令や要請・提案の理由や根拠を伝える

2.状況の前提を表す

すでに完了した事柄に対する前提を表すときに用いる。

눈을 뜨니까 아침이었어요. 目を覚ましたら朝でした。

 

[ 髪の単語 ]

생머리:ストレートの髪 곱슬머리:天然パーマ
머리가 뻗치다 髪がはねる
머리를 풀다 髪をほどく、下ろす
머리를 묶다 髪をしばる
머리를 따다 髪を編む
머리를 다듬다 髪を整える
옆머리를 귀 뒤로 넘기다 サイド(の)髪を耳の後ろに掛ける
앞머리가 눈을 찌르다 前髪が目に入る

앞머리는 눈을 찌르지 않을 정도로 다듬어 주세요.
前髪は目に入らないくらいで整えてください。

|

« 第35回 「~できない」(不可能) | トップページ | 第30回 「~(し)たいと思う」に対応する表現 »

まいにち(応用編)2011年後期」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54475/55181706

この記事へのトラックバック一覧です: 第29回 「-(으)니까」の使い方:

« 第35回 「~できない」(不可能) | トップページ | 第30回 「~(し)たいと思う」に対応する表現 »